コンテンツへスキップ

女用

 

日本人女性の場合でしたら、印鑑の印面に彫る文字を横書きと縦書きのどちらにすればよいのか?ということが議題に上がったりするわけです。

この件に関しましては、銀行印であっても実印であっても、横書きにするのがおすすめだと言えそうなんですよね。

なぜならば、文字を横向きに並べるということは安定を表すものであるため、印鑑の世界では縁起がいいことだとされているからであります。

さらに付け加えると、下のお名前だけで印鑑を作成することがある日本人女性用の実印というものは、横書き文字の方がバランスの取れた仕上がりになるという動かしがたいナイスメリットがあるからなんです。

まあ、印鑑に下の名前だけを彫る場合、横書きの方が見栄えもしたりするんですよね。。。

一方、認め印の場合は、女性であっても縦書き文字で作成するのがおすすめなんですけどもね。

また、女性用の実印の大きさは、直径15ミリメートルとか直径13,5ミリメートルのものを使用することが日本印鑑業界において一般的な指標となっていますね。

今回は、日本国内で暮らす日本人女性の方たちが印鑑(実印、銀行印、認印)を作成する時には、一体どのような書体にフォーカスすればよいのか?という疑問に対して、出来るだけ丁寧でわかりやすい説明をさせていただきましたよ。

これであなたの印鑑作りもバッチリですよね( ^o^)b→堺区印鑑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です